トップイメージ

クルマを持っている方ならば承知しているものですが自動車税という税金を支払う義務があります。スピード買取.jp 悪質

そしてこの税金は査定に出す車売却の際に当然のように返還されるお金なのです。

こうしたことは実際、やると直ぐに覚えられますが、これからはじめから順番に紹介します。

事前に記載すれば、日本で生産されている車だけでなくイタリア車も税が返還される範囲になります。

これは所有車についてもそうですね。

クルマを持っている人が支払わなければならない税でこの金額は自動車の排気量の大小毎に決定されます。

1リッターより小さいのであれば29500円、1リッターから1.5リッターまでなら34500円。

これ以上は500cc毎に5000円ずつ増加していきます。

それからこの税は4月1日の時点の所有者が、その年度のお金を納付する義務があります。

つまり事前納付ということですから当然ですが車を売ってしまって、所有者でなくなった際は先払いした分の税金は還付されるんですね。

自動車税というのは事前納付で今年度の税金を納めますからその年度内にクルマを売却したときは新しいオーナーがこの税の納付義務を負うということになります。

買取先が専門店でしたら、買い取り時に自分が先払いしている分の金額を返してくれます。

要は、所有権が移転された日からの自動車税は、新しい所有権を持った人が納税義務を負います。

もしも10月のうちに車を買い取ってもらった時は、11月以降来年3月までの自動車税は還ってくるのです。

それは繰り返しになりますが自動車税という税金は一年分を前払いしているということから来ています。

ということは、前オーナーは売却先に税を返還してもらうということなのです。

個人間で車を引き取ってもらう場合には、結構こうした事実に気付かない人が見受けられるのでぜひ確かめるようにすることです。

自動車税がクルマの売却で返金されるということを意外に知らない人が多いからと言って、そのことを言わない悪質業者もいます。

自分から返金についての話をしなければ全く税金のことについて説明しないという場面もしばしば聞かれます。

そのため車の売却をするさいには、払いすぎた税金が返還されるかどうかを聞くことを忘れないようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.btcube.com All Rights Reserved.